雇用保険について

こんにちは! いさブログ管理人の‘‘いさ’’です^ ^ 今回は社会保険の労働に関する保険である’’労雇用保険‘‘について書きたいと思います。

 

社会保険についての記事はコチラから↓

 

【目次】

 

f:id:isa3kki:20180919233228j:image

 

雇用保険

これまで説明してきた健康保険労災保険はよく耳にする言葉でした。

しかし、‘‘雇用保険’’というものは僕自身あまり聞き慣れないものでした。

なんとなく労働に関するものなのだろうというのはわかるのですが、まず、’’雇用‘‘という言葉の意味をはっきりと理解していなかったからだと思います。

ざっくりと言うと、この雇用保険失業者もしくは再就職しようとしている人に対する保険となります。

ただし!

失業者は失業者でも、まったく働く気のない人には適用されません。

働く意思

のある方が対象になります。

ちなみに労災保険と同じように経営者や個人事業主は加入することができません。 

また、保険料については事業主と労働者が折半します。

しかし健康保険とは違い、労使折半ではありませんので注意してください。

 

給付内容

給付の内容は主に下記の4つになります。

 

受給要件

雇用保険では仕事を辞める人を二種類にわけます。

1つは‘‘自己都合で辞めた人’’

もう1つは‘‘会社が倒産またはリストラされた人’’です。

そして受給要件もそれぞれ異なります。

 

(自己都合の場合)

失業前2年間に被保険者期間が12ヶ月以上

 

(辞めさせられた場合)

失業前1年間に被保険者期間が6ヶ月以上

 

となっています。

自己都合で辞めた場合の方が受給要件が厳しくなっていますね。

 

基本給付

次に給付内容の1つである基本給付について説明します。

基本給付とは、失業し、離職した人に対して給料のように給付されるものです。

金額の計算方法としては、

離職する6ヶ月前からの賃金の1日分

6ヶ月の総賃金÷180日

45〜80%支払われるという仕組みになっています。

また、就職するまで永遠に給付されるという訳ではありません!

それなら僕は仕事を辞めて一生給付で暮らします。笑

この給付期間も決められており、

 

(自己都合の場合)

90日〜150日間

(辞めさせられた場合)

90日〜330日

 

となっています。やはり自己都合で退職する方が不利になるのは変わらないですね。

ちなみにこの給付期間は年齢被保険者期間によって決められます。

 

またまた、この基本給付は離職して離職届けを出してから7日間後から支給されます。

そして自己都合で退職した場合は7日間3ヶ月間支給されません。

これを待機期間といいます。

 

教育訓練給付

次に、教育訓練給付について説明します。

これは、労働者が厚生労働省の指定する講座を受講して修了した場合に受講料の一部が支給されるというものです。

これには一般教育訓練給付専門実践教育訓練給付とがあり、給付額と受給要件は異なります。

 

就職促進給付

これは、基本手当を支給されている人もしくは一定の要件を達成した人が

再就職またはアルバイトを始めた際に給付されるものです。

 

雇用継続給付

これは、様々な理由で仕事を続けにくくなる人に対する給付です。

その理由としては

  • 高年齢
  • 育児
  • 介護

の3つが挙げられます。

仕事を続けたいのに色んな理由で休養せざるを得ない人にとってはとても助かる給付ですね。

 

まとめ

以上です!

なんとなくでも雇用保険の概要についてわかっていただけたでしょうか⁉︎

健康に仕事を続けられる人にとってはあまり意味を持たないかもしれませんが、

いざとなったとき。

とても助けられる日が来るかもしれません!

まぁそれが保険というものなのですが…笑

 

今回はここまでです。

それではまた!

労災保険について

 

こんにちは!

いさブログ管理人の‘‘いさ’’です^ ^

今回は社会保険の’’労災保険‘‘について書きたいと思います。

 

社会保険についての記事はコチラ↓

 

 

《目次》

 

 

f:id:isa3kki:20180912224338j:image

 

 

労災保険

‘‘労災’’

会社員の方ならよく耳にすると思います。

悪いイメージしかないですよね。

事務系の方ならまだしも、技術系の方は常に危険と隣り合わせな職場だなんてことあるんじゃないでしょうか。

ちなみに僕はサラリーマンですが、技術系なので、毎日安全に配慮して仕事をこなしています!

労災を起こしてしまったらどうなるのでしょうか。

それは会社によってどういった対応になるかはまちまちだと思います。

しかしその怪我がひどかった場合。

または病気になってしまった場合。

介護が必要になった場合。

そして最悪のケースでは死亡してしまうこともあります。

そんな時に給付という形で本人や遺族の方々を

助けてくれるのが労災保険です。

また、この労災保険は、業務中だけではなく

通勤途上の災害に対しても対応しています。

これらを業務災害通勤災害といいます。

 

対象者

この保険の対象者は私たち

労働者全員です

かといって、事業主や雇う側の人は対象ではありませんが…

しかし、アルバイトやパート、日雇い労働者、外国人も対象になります。

 

保険料

健康保険は労使折半といい、会社と半分づつ支払いでしたが、

労災保険はなんと

全額会社負担

となります。なので、感覚的にはなんの負担もなく労災を起こしてしまったときにはお金がもらえるということですね。

 

給付内容

怪我・病気の場合

  • 療養補償給付
  • 休業補償給付
  • 傷病補償給付

介護が必要な場合

  • 介護給付

障害が残った場合

  • 障害補償給付

死亡してしまった場合

  • 遺族補償給付
  • 埋葬料

 

となっています。

上記したのは業務災害での給付内容ですが、通勤災害での内容もほとんど変わりません。

(通勤災害では、〜補償給付の’’補償‘‘の部分が無くなり〜給付となります。)

また、休業補償給付の場合

休業4日目から給付基礎日額の60%が給付されます。

(給付基礎日額: 怪我をした日もしくは医者に診断された日から直前の3ヶ月間の給料をその期間で割った1日分の賃金額)

 

特別加入制度

一般に対象ではない中小企業の事業者も、労働者的側面が強い場合は労災保険に加入することができる制度。

 

まとめ

労災保険とは、全労働者が会社のお金で保険に入ることができる!

そして、業務中通勤中の災害に対して保険金が支払われる!

ということです。

知らない方もいるかも知れませんが、労働者である方々はみんな労災保険に入っているということです。

だからといって災害は起こしてはならないものなので、明日からも安全第一でお仕事頑張ってください!

 

今回はこれで以上です。

それではまた!

医療保険について

こんにちは!

いさブログ管理人の‘‘いさ’’です^  ^

今日は前回記事にした社会保険(広義)の中の社会保険(狭義)に属する医療保険について簡単にですが書きたいと思います。

社会保険についての記事はコチラから↓

 

《目次》

 

f:id:isa3kki:20180910215847j:image

 

医療保険(公的)

公的とは、私的の反対の意味です。

つまり、社会保険医療保険ということです。

今回記事にする医療保険は公的なものなので間違いのないようお願いします!

早速ですが、公的医療保険には

の3つがあります。

 

健康保険

まずは健康保険についてです。

 

被保険者

健康保険国民健康保険

名前はほとんど同じなのですが、何が違うのでしょうか。

この2つの大きな違いは被保険者

(保険の対象となっている人)

です。

健康保険の被保険者→会社員

国民健康保険の被保険者→個人事業主や未就職者

となっていますので、会社員に勤めているかいないかによって受ける保険が変わってくるということなのです。

 

保険者

また、会社の大きさによって保険者が異なり、

主に中小企業の会社員は↓

保険者が全国健康保険協会全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ

主に大企業の会社員は↓

保険者が健康保険組合組合管掌健康保険(組合けんぽ)

となっています。

 

保険料

協会けんぽの場合、都道府県ごとにきまります。

また、組合健保の場合は組合が決定します。

そして、健康保険は会社員によるものなので、保険料を会社と被保険者によって半分ずつ負担するカタチになります。

いわゆる労使折半というものです!

 

給付内容

健康保険の給付内容は次のようになっています。

主な給付はこのようになっています。

健康保険というものですから、健康面でお金が必要になったときに保険金が受け取れるというものになっています!

 

 

国民健康保険

次に国民健康保険についてです。

 

被保険者

国民健康保険の被保険者は先ほど説明しました通り、個人事業主や未就職者です。

会社員以外の方が該当します。

 

保険者

国民健康保険の保険者には

都道府県と市区町村が共同で保険者になるもの

国民健康保険組合が保険者になるものがあります。

 

保険料

国民健康保険の保険料は市区町村によって異なり、前年の所得によって計算します。

 

給付内容

国民健康保険の給付内容は健康保険とほとんど変わりませんが、

出産手当金と重病手当金が存在しません。 

 

 

後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度の対象は75歳以上の方になります。

主な内容としては、医療費の自己負担額が1割になります。

 

 

まとめ

以上!公的な医療保険について簡単にですが書かせていただきました。

僕のようにゼロからのスタートの方には大体の概要を掴んでいただけたのでは無いでしょうか。

公的な医療保険には

健康保険国民健康保険後期高齢者医療制度

があり、それぞれ被保険者や保険者、給付内容が異なるということです!

まだまだ細かい内容や数値的な話はたくさんありますが、それを文だけで説明するとややこしくなりますので!

これぐらいざっくりした説明で勘弁してください。笑

 

それではまた!

 

社会保険とは

こんにちは!

いさブログ管理人の’’いさ‘‘です^  ^

今回は僕が目指しているファイナンシャルプランナーとして必要最低限の知識。

‘‘社会保険’’

について書きたいと思います!

f:id:isa3kki:20180902190723j:image

 

《目次》

 

まえがき

今回、自分の勉強のためにも、アウトプットとして軽く説明させていただきます!

もし!間違った表現がありましたらコメント欄の方で訂正のコメントをお願いします。

また、それぞれの少し掘り下げた説明にいては今後記事にしていきたいと思っていますのでよろしくお願いします。

 

社会保険とは

 

1 国民の生活保障のため、疾病・老齢・負傷・失業・死亡など生活を脅かす事由が発生したとき、一定基準の給付を行う保険。医療保険労働者災害補償保険雇用保険介護保険・年金保険など。
2 民間企業の従業員や日雇い労働者が加入する、健康保険および厚生年金保険を総称した俗称。社保。

                                                     引用元:コトバンク

f:id:isa3kki:20180903003003j:image

 

 

いや…なんだそれ…

ですよね。笑

簡単にいうと、

国民がピンチになった時に助けてくれるもの

です。

助けてくれるとは、要はその人に応じたお金が給付されるということです。

(お金がもらえるということ)

誰が助けてくれるのかというと、それはその保険を運営しているところ(保険者)によって異なります。

そして、その保険を受けている人のことを被保険者といいます。

また、無償で助けてくれるわけではありません。 

これは、毎月保険料としてお金を払っている人払っていた人、または条件を満たした被保険の家族だけがお金を受け取れるという形になります。

会社員のみなさん。毎月の給料明細を見た時、税金と共にゴソッと保険料が引かれていることはありませんか?

これは、私たちがこのお金を社会保険料として毎月の給料から支払っているからなんですね。

f:id:isa3kki:20180903205330j:image

 

社会保険(広義)

社会保険には広義と狭義があります。

広い意味と狭い意味ってことですね!

(そのまんまなんですが笑)

社会保険の広義では、社会保険に分類される全ての保険を指します。

の5つです。

 

社会保険(狭義)

社会保険の狭義では、狭い意味ということですので社会保険(広義)の中でも、

の3つが分類されます。

 

労働保険

その名の通り労働に関する保険であり、

の2つが分類されます。

 

全ての保険について説明するしているとものすごく長くなるので、それは今後に回したいと思います。

 

なのでそれぞれの保険がどんか特徴をもっているのかだけでもサラッと書いておくことにしましょう。

 

医療保険

医療保険保険の中でも大きく

の3つに分かれています。

主に療養費に対する給付や、出産・傷病に対する手当などが挙げられます。

 

介護保険

これはその名の通り、介護が必要な方を対象とする保険です。

被保険者が第1号被保険者と第2号被保険者に分けられ、それによって保険料や受給者の対象が変わります。

 

金保

僕はファイナンシャルプランナーについて勉強するまで、年金が保険だとは知りませんでした。

何も知らなくて恥ずかしい…。

金保険も

の2つに分かれており、被保険者が異なります。

また、企業年金というのも存在し、これは公的年金を補完することを目的として企業が任意に設けているものです。

 

労災保険

これは全額事業主が保険料を負担して労働者を守ってくれる保険です。

アルバイトや日雇いの労働者にも適用され、業務上通勤途上での災害に対して給付が行われます。

 

雇用保険

これは、労働者が失業したときに給付を行なったり、再就職をするための援助を行なったりする制度です。

基本手当といって、失業すると何日間かお金を貰える制度がありますが、自己都合で辞めた場合は7日3カ月間受給できないので、これを目当てに会社を辞めるということはできません。

 

おわりに

以上!

すごくすごく簡単でしたが、社会保険の概要でした。

それぞれの保険についてのもう少し掘り下げた説明は今後記事にしていこうと思うのでよろしくお願いします!

それではまた!

 

こんにちは!

いさブログ管理人の‘‘いさ’’と申します^  ^

今日は夢をテーマに書きたいと思います。

f:id:isa3kki:20180831124221j:image

 

 

《目次》

 

 

夢って?

皆さんには ‘‘夢’’ ありますか?

僕が子供の頃、将来の夢ランキングNo. 1はたしかスポーツ選手だった気がします。

野球選手やサッカー選手など、男の子にとっては憧れの存在でしたよね!

僕はスポーツにまったく興味が無かったですが…笑

しかし現在。男子中学生の将来の夢ランキングはというと

 

  位     YouTuber

  2位     ゲームクリエイター

  1位     ITエンジニア

 

だそうです!

ITエンジニアって…何をする仕事なのでしょうか^  ^

大人になった僕でもさっぱりわかりません笑

ただパソコンを使いこなすんだろうということしか。笑

まだ21歳なのに中学生の子たちとはものすごいジェネレーションギャップがあるんだと感じます。

ちなみが保育園のころの僕の将来の夢は

宇宙飛行士

f:id:isa3kki:20180901101955j:image

でした。

すごい立派な夢ですよね。笑

何を考えて宇宙飛行士になりたいと思ったのか…

子供の発想は素直で純粋なものです。

今の僕なら

試験とかめちゃめちゃ難しいんだろうな

訓練とか絶対しんどいしな

お金もたくさんかかるんだろうな 

なんて余計なこと考えてしまいます。笑

幼いころの僕たちは、単に「宇宙が好きだから」とか、「スポーツ選手はカッコいいから」といった純粋な理由で夢を決めちゃってるんでしょうね。

でも、だからこそ幼いころに掲げた夢を実現している人ってすごいですよね。

僕の場合は宇宙飛行士ですから。

今考えてみると気が遠くなりそうです。笑

 

ちなみに、その次の僕の将来の夢は

お団子屋さん🍡

でした。

よっぽどお団子が好きだったんでしょうね。笑

しかしこれらは僕が保育園児だった頃のお話…

小学校の高学年ぐらいを境に僕はひねくれ期に入ってしまいました!

夢ってなんやねん。

熱苦しすぎるやろ。

なんかダサいわ。

と!!

しかもそれが最近まで…笑

本当に悪い例です。

‘‘夢を諦めるな!’’みたいな応援ソングを聴くのが恥ずかしくて…

なぜそんな歌を作れて、なぜヒットするんだろうと。

正直今も少し苦手です。

キレイゴトを並べられて背中を押されるわけがないと思っています。

あまのじゃくですいません。笑

しかしそんな性格だったからこそ今の自分がいるわけで…

そこで気づきました

 

夢とまではいかなくても

目標は持って生きよう

そしてそれを夢にしよう

f:id:isa3kki:20180901112302j:image

と。

もうほんとにお前は何を言っているんだ

結局なにが言いたいの?

と思う方もいらっしゃると思います。笑

大げさな夢を語るのはやめとこう

簡単に言うとこういうことです。

僕みたいな人間は大きすぎる夢を持っていると苦しくなって途中で諦めてしまうんです。

かといって目標がないとこのままズルズルとなにもしないまま時間だけが減っていくんです。

だから、ムリをせず、けれども意識は高く。

そういうことです。笑

まぁこれは僕の持論なんですが。

 

 

 

 

自分の夢

長々と前置きをしましたが

結果、僕の夢はというと

 

 

小金持ちになる 

f:id:isa3kki:20180901115035j:image

 

………。

です。はい。

小金持ちっていうのはちょっとだけお金持ちです。笑

夢っていうのは将来なりたい姿ですよね!

何も職業だけではないのでしょうか。

「ステキな家庭を築きたい」と同じように「お金持ちになりたい」も立派な夢だと思います。

なので僕はその夢に向かって一度きりの人生を謳歌したいと思います。

もちろん好きなことをして。

なんだかYouTuberみたいなことゆってますね。笑

自分の好きなこと、やりたいことをしてお金持ちになれるんですよ⁉︎

最高ですよね。

まぁ簡単なことでは無いと思いますが。

このブログはそれに向けた第一歩だと思っています。

やりたいことで自立するまでの足跡です。

僕がやりたいこと。

それは、

 

 

です。

また、さまざまなことを経験していく中でもっとやりたいことが出てくると思います。

そのときはそれもやります。笑

貪欲にいきましょう!

 

今回の記事は以上です!

僕の夢と、やりたいことについて今後も書いていきたいと思います。

同じようなことを考えている皆さん。

一緒に頑張りましょう。

それではまた!

はじめまして!

f:id:isa3kki:20180830211929j:image

はじめましてこんにちは。

本日よりいさブログ管理人を始めました

‘‘いさ’’と申します。

文書を書くのは得意ではありませんが、自分の

  • やりたいこと
  • 思い

を中心につらつらと書いていきますのでよろしくお願いいたします!

 

《目次》

 

自己紹介

特に紹介することはありません…!

それなら最初から言うなって話ですが笑

なぜ紹介することが無いのかというと…

’’自分はこういう人だよ‘‘というのを人に話したくない性格だからです!

無いわけではありません。したくないだけです。笑

なんか、自己紹介って、小っ恥ずかしいじゃないですか。新学期のときとか、初めての職場とか。

そんな奴がブログするなよww

と思った方も大勢いるでしょう。(大勢の方がこのブログを見ていないことは承知しております)

それから正直のところ、文書に起こせるほど自分に自信を持って紹介するということが僕にはまだ出来ません…orz

このブログを続けていって自分に自信が持てたら、また改めて自己紹介の記事でも書こうと思います!

 

でも僕が男であるという情報しかわからないですよね笑

では最低限の情報を…

めんどくさがり三日坊主

21歳2年目サラリーマン

です。

そうです。ダメダメ野郎です笑

f:id:isa3kki:20180830224002j:image

なぜブログをはじめたか

そんな僕がなぜ得意でもないブログを始めたのか。

理由は3つあります。

  1. 勉強のため
  2. 成長のため
  3. お金のため

です。

いやでも三日坊主やん。次の投稿見れるか心配やわww

僕なら正直そう思います笑

僕は今まで新しい物事を続けるということが出来ませんでした。(というかしてこなかったに近い)

安定した仕事について、特にやりたいわけでも無い仕事をこなしながら毎月同じような額の給料を貰う。

それが一番平和で楽でしんどくて…

そんなときふと周りを見てみると自由に生ようとしている同世代の仲間が目に入りとても輝いて見えたんです。

会社を辞めてお笑い芸人を目指すやつもいれば、都会に出て毎日が楽しいと叫ぶ美容師の卵など。

人生1度きり

f:id:isa3kki:20180830231144j:image

誰もが聞いたことのあるフレーズに僕の心が響きまくりました。

それから僕は自分が本当にやりたいことを探すために全く読むことのなかった本を読みはじめ、SNSを飛び回り。

ときには「やりたいこと  見つけ方」でググったこともあります笑

色々やってみると結構収穫があったりするものですよ!

そんな日々の中で僕にもうっすらとやりたいことが見えてきました。(それについてはまた後日書こうと思います)

そこで僕は思いました。

そうだ。ブログをやろう。

なかなかの急ハンドルですいません笑

やりたいことについて学び行動し、それを自分なりに発信することでより成長できるのではないかと。

それについてばかり書くわけではないのですが…

「学ぶためにブログ書く」

「ブログを書くために学ぶ」

そんな感じで続けていけるんじゃね?と。

なかなか甘い考えなのですが笑

しかし意識だけは高く保てています。

ここで諦めたら一生このまま

という考えが逆に背中を押してくれているのです。

また、うまくいけばブログで収益が上がるという話ではありませんか!

今はまだこの1つの記事を書き上げるのに3時間かかっているのでまだまだ遠い話ですが…

 

以上。始めた理由は軽いけど意識は高くて記事の内容は薄いというお話でした!

三日坊主にならないよう頑張ります。

それではまた。